Tweet
質問:仮に、あなたが不当だと思う法律や有害だと思う法律が、国会で審議されており、それに対して、あなたが何か行動を起こしたとします。その場合に、国会があなたの要求を考慮する可能性はどのくらいあると思いますか。
選択肢:「大いにあると思う」「まああると思う」「あまりないと思う」「まったくないと思う」
データ:「大いにあると思う」「まああると思う」の割合
時期:
地域: 34ヵ国・地域
マーク:
1 フィリピン66.7%
2 インド48.3%
3 台湾41.8%
4 南アフリカ36.8%
5 スイス33.8%
6 ベネズエラ31.5%
7 オランダ25.6%
8 スウェーデン24.5%
9 韓国24.2%
10 アメリカ合衆国23.8%
11 ジョージア23.7%
12 トルコ22.6%
13 デンマーク21.1%
14 イスラエル19.4%
15 オーストリア19.0%
16 スロバキア18.8%
17 ポーランド18.5%
18 オーストラリア18.1%
18 ドイツ18.1%
20 フランス17.9%
21 イギリス17.6%
22 ノルウェー16.2%
23 チェコ16.1%
24 チリ13.4%
25 ロシア13.1%
26 アイスランド12.7%
27 フィンランド12.2%
28 ベルギー11.5%
29 ハンガリー10.4%
30 スペイン10.3%
31 スロベニア8.5%
32 クロアチア7.0%
33 日本 6.2%
34 リトアニア6.1%


わからない・無回答は除く。

データなし(204カ国・地域)

資料
ISSP 2014

国の主要なパフォーマンス指標との相関関係
人生の満足度(10段階)
データ数34
回帰式
Y = -2.406311 X +6.949
相関係数(r)-0.317
決定係数(R2)0.100

1人当たり国民総所得(GNI, Atlas method、米ドル)
データ数32
回帰式
Y = -35153.182775 X +42563.554
相関係数(r)-0.184
決定係数(R2)0.034

平均余命−男女(歳)
データ数33
回帰式
Y = -20.633309 X +83.279
相関係数(r)-0.534
決定係数(R2)0.285

合計特殊出生率(女性1人当たりの出生数)
データ数33
回帰式
Y = 1.792504 X +1.389
相関係数(r)0.554
決定係数(R2)0.307

自殺、全年代(人口10万人当たり)
データ数33
回帰式
Y = -16.725948 X +16.863
相関係数(r)-0.324
決定係数(R2)0.105