Tweet
質問:親友が運転する車に同乗していたところ、スピードを出しすぎて歩行者をひいてしまいました。その際、親友から制限速度を守っていたと偽証して欲しいと頼まれたとします。あなたが当然有利な証言をするものとその親友が考えているとしたら、どう思いますか。
選択肢:「そう考えるのは、当然である」「どちらかといえば、そう考えるのは当然である」「そう考えるのは、当然ではない」
データ:「そう考えるのは、当然である」「どちらかといえば、そう考えるのは当然である」の割合
時期:
地域: 8ヵ国・地域
マーク:
1 日本 40.9%
2 ドイツ26.6%
3 イタリア24.8%
4 フランス24.6%
5 スウェーデン17.2%
6 カナダ16.7%
7 オーストラリア13.4%
8 イギリス13.0%


わからない・無回答は除く。ドイツ:東西ドイツを重み付けせずに合算。イスラエル:ユダヤ人とアラブ人を重み付けせずに合算。イギリス:北アイルランドを除く。

データなし(2カ国・地域)

資料
ISSP 1998

国の主要なパフォーマンス指標との相関関係
人生の満足度(10段階)
データ数8
回帰式
Y = -4.961754 X +7.923
相関係数(r)-0.856
決定係数(R2)0.733

1人当たり国民総所得、購買力平価換算(国際ドル)
データ数8
回帰式
Y = -10025.297221 X +50601.853
相関係数(r)-0.203
決定係数(R2)0.041

平均余命−男女(歳)
データ数8
回帰式
Y = 0.066290 X +0.809
相関係数(r)0.613
決定係数(R2)0.376

合計特殊出生率(女性1人当たりの出生数)
データ数8
回帰式
Y = -1.192977 X +1.910
相関係数(r)-0.516
決定係数(R2)0.266

自殺、全年代(人口10万人当たり、年齢調整済)
データ数8
回帰式
Y = 11.075675 X +7.847
相関係数(r)0.366
決定係数(R2)0.134