Tweet
質問:社会の良い一員であるために、次のことはどのくらい重要ですか。−自分が重要だと思う問題についてのデモに参加すること
選択肢:「とても重要である」「やや重要である」「あまり重要でない」「全く重要でない」
データ:「とても重要である」の割合
時期:
地域: 17ヵ国・地域
マーク:
1 アメリカ合衆国54.5%
2 スペイン48.3%
3 イタリア33.7%
4 ドイツ31.3%
5 ギリシャ30.1%
6 フランス30.0%
7 イギリス28.6%
8 カナダ28.3%
9 韓国27.0%
10 ポーランド22.7%
11 ベルギー21.1%
12 オランダ18.0%
13 ハンガリー16.1%
14 イスラエル15.6%
15 スウェーデン15.1%
16 オーストラリア11.9%
17 日本 8.5%


わからない・回答拒否は除く。質問と選択肢は鈴木の翻訳であり、実際の文言とは異なる可能性がある。

データなし(21カ国・地域)

資料
Pew Research Center "Global Attitudes & Trends" Spring 2022. For the United States, Pew Research Center "American Trends Panel Wave 105" March 2022.

国の主要なパフォーマンス指標との相関関係
人生の満足度(10段階)
データ数17
回帰式
Y = -0.609758 X +6.839
相関係数(r)-0.145
決定係数(R2)0.021

1人当たり国内総生産(GDP、米ドル)
データ数17
回帰式
Y = 13233.720590 X +40015.398
相関係数(r)0.096
決定係数(R2)0.009

平均余命−男女(歳)
データ数17
回帰式
Y = -5.136565 X +82.473
相関係数(r)-0.213
決定係数(R2)0.045

合計特殊出生率(女性1人当たりの出生数)
データ数17
回帰式
Y = -0.934448 X +1.802
相関係数(r)-0.256
決定係数(R2)0.066

自殺、年齢調整済み(人口10万人当たり)
データ数17
回帰式
Y = -4.814104 X +11.208
相関係数(r)-0.134
決定係数(R2)0.018