Tweet
質問:対象学級における指導について、以下のことをどのくらいの頻度で行いますか。「複雑な課題を解く際に、その手順を各自で選択するよう生徒に指示する」
選択肢:「ほとんどなし」「時々」「しばしば」「いつも」
データ:「しばしば」「いつも」の割合
時期:
地域: 31ヵ国・地域
マーク:
1 リトアニア69.10%
2 メキシコ67.62%
3 チリ67.07%
4 コロンビア65.34%
5 トルコ57.07%
6 カナダ54.89%
7 アイスランド52.59%
8 ノルウェー52.53%
9 デンマーク51.79%
10 ニュージーランド50.91%
11 韓国50.78%
12 スロバキア48.65%
13 アメリカ合衆国45.95%
14 ラトビア45.49%
15 スウェーデン44.55%
16 ポルトガル44.51%
17 オーストラリア44.12%
18 イギリス43.42%
19 イタリア43.27%
20 スペイン41.06%
21 オランダ39.92%
22 ハンガリー36.28%
23 オーストリア35.49%
24 イスラエル35.42%
25 チェコ32.74%
26 エストニア29.03%
27 スロベニア28.29%
28 フランス26.34%
29 フィンランド26.29%
30 ベルギー25.03%
31 日本 24.93%


アルゼンチン:ブエノスアイレスのみ。イギリス:イングランドのみ。カナダ:アルバータ州のみ。中国:上海のみ。

データなし(7カ国・地域)

資料
OECD (2019) TALIS 2018 Results (Volume I) Table I.2.1

国の主要なパフォーマンス指標との相関関係
人生の満足度(10段階)
データ数31
回帰式
Y = -1.246466 X +7.240
相関係数(r)-0.240
決定係数(R2)0.058

1人当たり国内総生産(GDP、米ドル)
データ数31
回帰式
Y = -39208.370111 X +57876.477
相関係数(r)-0.243
決定係数(R2)0.059

平均余命−男女(歳)
データ数31
回帰式
Y = -7.655444 X +83.735
相関係数(r)-0.354
決定係数(R2)0.125

合計特殊出生率(女性1人当たりの出生数)
データ数31
回帰式
Y = 0.163435 X +1.526
相関係数(r)0.063
決定係数(R2)0.004

自殺、年齢調整済み(人口10万人当たり)
データ数31
回帰式
Y = -5.308878 X +12.639
相関係数(r)-0.156
決定係数(R2)0.024