Tweet
質問:最近の国政選挙で、候補者や政党の選挙運動の機会はどの程度公平だったと思いますか。
選択肢:「非常に公平だった」「まあ公平だった」「どちらともいえない」「あまり公平でなかった」「まったく公平でなかった」
データ:「非常に公平だった」「まあ公平だった」の割合
時期:
地域: 26ヵ国・地域
マーク:
1 オランダ84.3%
2 ノルウェー82.4%
3 スウェーデン71.9%
4 アメリカ合衆国 71.1%
5 イスラエル71.0%
6 オーストラリア70.6%
7 デンマーク67.0%
8 ドイツ65.9%
9 イギリス64.9%
10 ベルギー61.6%
11 スイス58.6%
12 ハンガリー57.9%
13 アイスランド56.3%
14 オーストリア54.5%
15 韓国52.9%
16 チェコ52.5%
17 フィンランド51.5%
18 トルコ49.4%
19 日本46.3%
20 スロバキア45.8%
21 ポーランド45.3%
22 リトアニア41.5%
23 チリ39.7%
24 スロベニア39.0%
25 フランス38.2%
26 スペイン31.6%


わからない・無回答は除く。

データなし(12カ国・地域)

資料
ISSP 2014

国の主要なパフォーマンス指標との相関関係
人生の満足度(10段階)
データ数26
回帰式
Y = 2.797246 X +5.212
相関係数(r)0.560
決定係数(R2)0.314

1人当たり国民総所得(GNI, Atlas method、米ドル)
データ数26
回帰式
Y = 94114.666819 X -11104.444
相関係数(r)0.618
決定係数(R2)0.382

平均余命−男女(歳)
データ数26
回帰式
Y = 3.697707 X +78.938
相関係数(r)0.215
決定係数(R2)0.046

合計特殊出生率(女性1人当たりの出生数)
データ数26
回帰式
Y = 0.722712 X +1.257
相関係数(r)0.285
決定係数(R2)0.081

自殺、全年代(人口10万人当たり)
データ数26
回帰式
Y = -5.585539 X +16.723
相関係数(r)-0.139
決定係数(R2)0.019