Tweet データ相関分析
幸福感の格差(10段階幸福感の標準偏差) (2000-2009)】 X

ヨコ方向(X/説明変数)

タテ方向(Y/被説明変数)